国民的女優、有村架純さんの実姉でグラビアアイドルの有村藍里さん。

妹とあまり似ていなくて、顔が変だと言われていることが多いようですが、原因は整形というのは本当でしょうか?

自分でブサイクだと自虐的なのも気になりますよね。

 

また、妹の有村架純さんとは違う路線で頑張っている有村藍里さんですが、姉妹の不仲説についてはどうなんでしょうか?

当記事では、有村藍里さんの顔や妹・有村架純さんとの仲についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

有村藍里プロフィール

まずは、有村藍里さんの基本情報からチェックしていきましょう!

  • 生年月日:1990年8月18日
  • 出身地:兵庫県
  • 血液型:O型
  • 身長:162cm
  • 体重:45kg
  • スリーサイズ:88/55/84cm
  • 所属事務所:個人事務所「オフィス・アイリ」

 

有村藍里さんは、もともとは本名ではなく「新井ゆうこ」という芸名で活動していました。

2017年3月30日に本名で活動していくことを発表しましたが、これについては色々と言われたようですね。

改名が妹の有村架純さんヒロインの朝ドラ「ひよっこ」開始時期だったこともあり、売名行為だと心無い中傷を受けるハメに。

 

しかし、この改名には

  • 母からの強い要望があったこと
  • 事務所からの独立をきっかけにしたこと

と、有村藍里さんなりのきちんとした理由があったようです。

 

売れっ子の妹を持つと、同じ業界ならなおさら辛いことや面倒なことが多いのかもしれませんね。

 

顔が変なのは整形?

妹の有村架純さんと顔が似ていないと言われる有村藍里さん。

よくみると似ている部分もあると思います。

でも、兄弟姉妹だからと言って必ずしも似ているとは限りませんよね。

 

顔が似ていない、本当の姉妹じゃないのでは?なんて飛躍するのはちょっとどうかと思いますね。

まぁ、それだけ有村架純さんがきれいでかわいいからだとは思いますが…

 

お姉さんの有村藍里さんについては、顔が変だという声が多く聞かれます。

どういうところが変なのか観察してみたところ、どうやら鼻と口の距離が長いということが分かりました。

また、そのせいかは分かりませんが口元が悪目立ちしていること。

これで「出っ歯に見える」などと言われてしまうのでしょう。

 

顔のパーツや配置は生まれ持ったものなので、整形しない限りはなかなか大きく変えることはできないでしょう。

しかし、有村藍里さんには整形疑惑も浮上しているから驚きます。

疑惑は、顔の整形や豊胸に関してですが、本人によって否定されています。

ただし、歯を数本抜いたことで印象が変わったのではないかということは認めています。

もし整形していたとしても正直に申告する人は少ないかもしれませんが。

 

鼻と口の距離が近いのは、最近では美人顔と言われているようなので、そうではない有村藍里さんはブサイクに見えてしまうのかもしれないですね。

スポンサーリンク

妹との不仲説は真実?

同じ芸能界で活動する姉妹だけに、仲がいいのかどうか気になっている人は多いでしょう。

妹は美人なのに…なんて言われることが多い有村藍里さんだけに、不仲説が浮上するのもうなずけます。

 

気になったのが、もともと関西を中心とした活動だったため、東京の番組出演の際はわざわざ上京して臨んでいる有村藍里さん。

ある番組でこのことについて「妹と一緒に住めば?」と言われたところ、女優だから役作りがあり、人と暮らしたら集中できないのではないかという考えを明かしました。

さらに、有村架純さんは早くに上京し、自分は地元にずっと住んでいたので、妹に対して人見知りしてしまうとも発言。

これは、不仲までもいかず関係が希薄なだけのような気もしました。

 

とはいうものの、有村藍里さんの27歳の誕生日に有村架純さんが手料理を振る舞うなど、仲良し姉妹の一面もしっかりあるようです。


もしかすると、離れていた時間が長かったことや、その間妹は国民的女優に成長したことで、有村藍里さんが一方的に距離を感じてしまっていたのかもしれません。

分かり合えない関係ももちろんありますが、有村姉妹は大丈夫でしょう。

余談ですが、この画像はアプリを使用していますが、目元がとてもよく似ているように見えますね!

 

さらにこんなツイートも発見!かわいい姉妹です~(^^)


 

最後に…

「有村架純の姉」ということで、美人、かわいいに違いないとハードルが上がりすぎてしまい、ブサイクなどと言われてしまった有村藍里さん。

実際、有村架純さんと無関係ならそこそこ美人だと思うのですが、静止画は加工しているようなので要注意ですね(笑)

これからは、バラエティーで有村藍里として個性を発揮できるよう力をつけていってほしいと思います。

スポンサーリンク