2017年7月期の月9ドラマ「コードブルー~ドクターヘリ緊急救命~」の最終回で映画化の決定が告知されました。

過去2作も含めて大ヒットしたと言っても過言ではない作品だけに、映画バージョンも期待が高まります。

それだけに、映画版の脚本は誰が担当するのか気になるところです。

 

また、映画化にあたり現行キャストはどうなるのか、新キャストの発表はあるのかもチェックしておきたいですね。

さらにそもそも映画公開日はいつになるのか調べてみました。

スポンサーリンク

コードブルー映画化!

視聴率の低迷が続く「月9枠」で、久しぶりに2ケタのまま最終回を終えたコードブルー。

2017年9月18日の最終回では16.4%をマークし、平均視聴率14.8%で幕を閉じました。

やはり、コードブルーは強いということを見せつけられました。

 

そして最終回のストーリーが終わり、番組ラストでなんと「映画化決定!」の文字が。

この告知に歓喜したコードブルーファンは多いことでしょう。

しかし、ファンにはあるひとつの共通した願いがありました。

 

映画版の脚本家はどうなる?

コードブルーシーズン3が始まるとき、懸念されたのが脚本家の問題

過去のシーズンを担当した脚本家は林宏司さんでしたが、シーズン3は安達奈緒子さん。

恋愛作品を多く手掛けている安達奈緒子さんということで、まさかコードブルーもそんな展開に!?と心配したファンが多かったのです。

果たしてその懸念は現実に…

※関連記事

コードブルー3に恋愛要素は必要ない?冴島妊娠でどうなる?

 

このように恋愛要素が盛り込まれたコードブルーをファンは快く思っていないので、映画化されることは嬉しいものの、脚本家問題は無視できないのです。

多くのファンの願いは、脚本家を林宏司さんに戻してほしいということ。

 

映画はテレビドラマと違って鑑賞するのに劇場に足を運んで、料金を支払ってと手間もお金もかかるもの。

いくら好きなシリーズといっても、気に入らない脚本の作品はわざわざ観に行かないという人もいそうですよね。

 

そんなコードブルー映画の興行収入にも関わる脚本家ですが、現在のところ詳細は発表されていません。

シーズン3のまま安達奈緒子さんでいくのか、林宏司さんに戻るのか、新たな脚本家が現れるのか、注目していきたいと思います。

分かり次第追記するので、チェックしてくださいね。

スポンサーリンク

キャストは?

コードブルーといえば、キャストの魅力なしには語れませんよね。

シーズンを通して、

  • 山下智久さん
  • 新垣結衣さん
  • 戸田恵梨香さん
  • 比嘉愛未さん
  • 浅利陽介さん

の主要メンバー5人は出演し続けています。

普通に考えればこの5人の出演は間違いないと言えるでしょう。

 

フェローは新キャストの可能性は高いですね。

しかし、シーズン3で成長したフェローたちのさらなる成長を見せる展開もあるかもしれません。

 

ファンからの要望が多いのが

  • 柳葉敏郎さん演じる黒田先生の登場
  • 勝村政信さん演じる森本先生の登場
  • 寺島進さん演じるパイロット梶さんの登場

これらの声がよく聞かれます。

黒田先生はシーズン1、森本先生はシーズン2、梶さんはシーズン3の1話にちょこっと登場したものの、それ以降は出ませんでしたね。

シリーズの集大成というべき映画で登場してくれることを期待したいですね。

 

キャストに関する情報も発表され次第、追記したいと思います。

 

公開日はいつ?

告知では、「2018年公開」とされていましたが、具体的な日程までは分かりませんでした。

現在もまだ発表されていませんが、多くの映画は撮影から公開まで1年以上かかることから、2018年の夏~秋ごろが予想されます。

もちろん、映画によっては10数年かけられることもありますし、様々です。

しかし、テレビシリーズの映画化ということもあるのでそこまでかからないのではないかと予想します。

公開日についても新情報があれば追記にてお知らせいたします。

 

【追記】公開日が発表されました!

2017FNS歌謡祭において、山下智久さんが映画「コードブルー」の公開日を発表。

2018年7月27日に公開されることが分かりました!

ドラマ「コードブルー3rdシーズン」が2017年7月17日放送開始だったので、ほぼ一年後となります。

 

そのほかの情報はまだ明らかになっていないので、今後の発表を待ちましょう。

 

最後に…

まだまだ情報解禁されていないことばかりで薄い内容となってしまいましたが、今後の動きに注目して随時新情報をお知らせしたいと思います。

なんだかんだいいながらも視聴率の良かったシーズン3だけに、映画の方もヒットしそうです。

脚本家問題も注目されているので、早く発表されるといいですね。

スポンサーリンク