自身のブログで舌癌を公表された堀ちえみさん、以前から体調が優れないのは分かっていたのですが、癌と聞くとものすごくショックです…

一日でも早く病気が治るのを願うばかりですが、現在の病状や舌癌ステージ4の生存率、余命について知っておきたいですよね。

また口腔、舌の癌はあまり聞かない病気ですが、口の中の癌なので原因は喫煙にあるのかも気になるところ。

今回、堀ちえみさんの現在や舌癌になった原因がたばこなのか調べていきます。

スポンサーリンク

堀ちえみ、現在の病状と、舌癌の余命・生存率

堀ちえみさんが患った口腔癌(舌癌)は癌の中でも珍しいもので、発症者数は年間2万人ほどとのこと。

大腸癌や胃癌の発症者数が年間10万人以上と考えると、非常に稀な癌だと分かりますよね。

 

名前を聞かない癌だけに余命や生存率は検討もつきませんが、口腔癌は比較的生存率が高い癌のようで、ステージ別の5年生存率は以下の通りです。

  • ステージ1(Ⅰ期) 91%
  • ステージ2(Ⅱ期) 80%
  • ステージ3(Ⅲ期) 65%
  • ステージ4(Ⅳ期・末期) 45%

 

堀ちえみさんは現在ステージ4、末期の舌癌と診断されているので、5年生存率は約45%。

病状的には余命も視野に入れ治療に臨まないといけない深刻な状態ですが、末期でも2人に1人は完治する癌でもあります。

(”胃癌”や”大腸癌”の5年生存率はステージ4で20%を切るので、舌癌は余命も長いといえるはず)

旦那さんはもちろん、子供達も心から手術の成功、そして完治を望んでいると思うので、なんとか病状が悪化せず回復することを願います。

スポンサーリンク

舌癌の原因はたばこ(喫煙)?

堀ちえみさんが舌癌を患っていると判明した経緯をまとめると…

 

2018年夏、口内炎ができて治りが遅いため、病院へ

2018年11月 ビタミン剤やレーザーなどで口内炎の治療を行うが、一向に治らない(それどころか病状が悪化する)

医師は「現在飲んでいるリウマチ等の治療薬による副作用かもしれないと指摘

2019年1月 薬を飲むのをやめても病状は改善せず、自身でネット検索し、舌癌を疑い大学病院へ…

2019年1月21日 悪性の舌癌(ステージ4)と診断

 

こうやってみると医師の診断に疑問を持ちそうになりますが、舌癌は稀な病気ですし、”癌”という重い病気だけに医師も診断しにくかったのでしょう。

堀ちえみさんの場合、癌ができてから少なくても半年以上は経過しているので、口内炎と思っている間に進行してしまったんですね…

 

舌癌の大きな原因となるのは、やはり喫煙・飲酒とのこと。

喫煙を公表をすることはないので、堀ちえみさんがたばこを吸っていたのかは不明ですが、少なくてもお酒は大好きだったようです。

(過去には旦那さんや友人と外食を楽しむ様子が、何度かブログにアップされていました)

ただ、たばことお酒が確実に舌癌に繋がると言い切ることはできないので、その他色んな要素が絡み病気を発症したのでしょう。

 

舌癌を公表するまでも、リウマチと神経障害性疼痛の治療で闘病生活を続けていた堀ちえみさん。

リウマチと神経障害性疼痛、今後は舌癌の治療も行うなんて私には騒動ができない世界ですが、本当に一日でも早い回復を祈っています。

スポンサーリンク