織田裕二さん主演で人気のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」。

ディーン・フジオカさんや中谷美紀さん、土屋太鳳さんと豪華俳優陣の共演でも話題になっていますよね。

内容もおもしろく、第1話から気になるのが黒幕である13(M)が誰なのかということ。

 

ネットでは早くも正体の予想が繰り広げられています。

13は女性であることが分かったところで、監察医の中谷美紀さんなのか妹の新川優愛さんなのか当記事でも予想してみたいと思います!

スポンサーリンク

IQ246~華麗なる事件簿~

北鎌倉の名家、法門寺家の89代目当主である沙羅駆(織田裕二)はIQ246の天才だけに毎日暇を持て余していた。

ある日、警視庁から和藤奏子(土屋太鳳)という刑事が法門寺沙羅駆の護衛としてやってきた。

ところが、暇に耐えられなくなった沙羅駆は執事の賢正(ディーン・フジオカ)にも告げず、こっそりタクシーで抜け出ししてしまう。

そして偶然殺人事件の現場に出くわすのだった。

 

死体をひと目見ただけで被害者の特徴や犯人のプロファイリングをする沙羅駆に現場の刑事も驚きを隠せない。

監察医の森本朋美(中谷美紀)はその運び込まれた遺体を検分して加害者を絞り込む。

それが沙羅駆と同じ見立てだと刑事から聞き、まだ見ぬ沙羅駆にときめく。

 

IQ246の頭脳と余りある財力をもち、暇つぶしのために事件の謎を解く沙羅駆。

常識が通用しない沙羅駆に忠誠を誓っている執事の賢正と毎回振り回される和藤奏子。

沙羅駆は暇をつぶすため、毎回難事件を解決していく。

 

黒幕の13とは?Mって?

これまでの事件の犯人は皆、13という謎の人物から完全犯罪を促す内容のメールを受け取り、犯行に及んでいます。

しかもこのメール、受信するのがなんとも絶妙なタイミング。

殺意が芽生えた段階で受信し、直ちに返信しないと自動的に消えてしまうのだから、理性や正常な思考ができないまま足を踏み入れてしまうのでしょう。

 

沙羅駆はこの「13」について、アルファベットの13番目である「M」と特定。

完全犯罪を指南する13ことMはいったい誰なんだ?というのが最終回までのストーリーです。

そこで13という黒幕は誰なのか、現時点で予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

13は中谷美紀?

ネットでもこの意見は数知れず。

それにしては分かりやすすぎないか?という疑いを持つ人まで現れるくらい。

確かに、ちょっと安直という気がしないでもないですよね。

中谷美紀さん演じる森本朋美が黒幕とする根拠は4つ。

  1. 設定がシャーロックホームズ
  2. ドMである
  3. イニシャルがM
  4. 作中での13のルックスや髪型

 

1つ目のシャーロックホームズの設定というのは、

  • 沙羅駆…シャーロック
  • 和藤奏子…ワトソン
  • 森本朋美…モリアーティ教授

ということでIQ246ではシャーロックホームズをもじっているという解釈。

シャーロックホームズの宿敵はモリアーティ教授ということで黒幕は森本朋美役の中谷美紀。

 

また、イニシャルはそのまま森本のMであること、作中で13が犯人とメールをやり取りする様子から「女性」「ボブヘア」であることは判明しています。

女装やカツラという可能性もありますが…

「ドM」というのは、沙羅駆にいじられている森本朋美に対して和藤奏子が放った一言。

 

これらのことから、黒幕13は森本朋美役の中谷美紀さんではないかという意見が濃厚なんですね。

しかし、まだ最終話まで長いのでこの時点で中谷美紀さんだと断定できるような展開は面白くないんじゃないか。

IQ246と言いながら簡単すぎるという意見も多数。

そこでレギュラー出演の女性で他に候補者はいないかと考えたところ…

 

黒幕は実は妹の新川優愛?

沙羅駆の異母兄弟である妹の瞳(新川優愛さん)では?という見方もあります。

  • 異母兄弟
  • 沙羅駆のように天才ではなく普通
  • 熱々の紅茶を平然と飲める能力

 

よく分かりませんが、これらのことが13に結び付く鍵になるかもしれません。

意外性という面でも、お嬢様の妹は可能性があると言ってもいいでしょう。

ただ、13との結びつきは今のところ考えつきませんでした。

またルックスも違いますので、何とも言えません。

 

最後に…

もちろん私が黒幕と予想したのは中谷美紀さんでしたが、これでは簡単すぎますよね。

最終話まで誰が13なのか、目を光らせながら視聴したいと思います。

もし本当に黒幕である13が中谷美紀さんだとしても、IQ246ならではの面白い展開を期待したいですね。

スポンサーリンク