出だしはなかなか好評だった朝ドラ「半分、青い」。

回が進むごとにいろいろと言われることも多くなってきましたが、それでも毎朝観てしまっている人も多いことでしょう。

そんな中、鈴愛が妊娠し出産した子供、花野(かの)ちゃんことかんちゃん。

5歳になったかんちゃんを演じている子役について「ブサイク」「かわいくない」などの声が少なくないとか。

そこでかんちゃんを演じる子役をチェックしてみたいと思います。

また、かんちゃんが劇中で歌う「あなたのお名前は?」の曲名も調べました。

スポンサーリンク

「半分、青い」概要

「半分青い」は2018年4月から放送されているNHKの朝ドラ。

主演は永野芽郁さん。

岐阜県の田舎で生まれ育ったヒロイン・鈴愛(すずめ)。

ムンプス難聴で左耳が聞こえなくなるという困難を乗り越えながら1970年代から現代までを駆け抜ける物語。

幼なじみの律役には佐藤健さん、鈴愛の母親役は松雪泰子さん、父親は滝藤賢一さんなど豪華な俳優が名を連ねています。

 

高校までを生まれ育った岐阜で過ごし、漫画家を目指して上京。

鈴愛が憧れる漫画家・秋風羽織の元で修業し、約10年間漫画家として頑張ってきた鈴愛。

しかし、夢破れて漫画家をきっぱり引退。

100円ショップ大納言でアルバイトをしている時に出会って恋に落ちた涼次とスピード結婚。

ひとり娘のかんちゃんが生まれて幸せな日々を過ごしていたところ、涼次の諦めきれなかった映画監督になる夢が再燃。

退路を断ちたい、家族は邪魔になるという頑なな涼次の離婚したい意志を受け入れるしかなく、鈴愛は娘とともに故郷の岐阜に戻ってきた。

※関連記事

【半分青い】まーくん再登場はある?キスの理由が気になる!

 

かんちゃんがかわいくない?ブサイク?

永野芽郁さん演じる鈴愛(すずめ)と間宮祥太郎さん演じる涼次のひとり娘が花野ちゃん、かんちゃんです。

美男美女の両親から生まれたかんちゃん、さぞ美少女かと思いきや、わりと親しみやすい顔つきの子役さんでした。

かなり愛嬌があってかわいらしいと思うのですが、二人の子供としてはちょっと意外に感じた人も多いのではないでしょうか。

かんちゃんを演じている子役は山崎莉里那ちゃん。

プロフィールを詳しくみていきましょう。

  • 名前:山崎莉里那(やまざきりりな)
  • 生年月日:2012年2月7日
  • 出身地:関東
  • 身長:109cm
  • 体重:18kg
  • 所属事務所:ホリプロ・インプルーメント・アカデミー

 

詳しいことは分かりませんが、山崎莉里那さんは現在6歳。

かんちゃんよりもひとつ年上なので、しっかりとした5歳児さんを演じられています。

目鼻立ちがくっきりしている子役だと思っていた人にとってはやや地味なかんちゃんかもしれませんが、ハキハキと話している姿は頼もしく感じます。

かわいいとかかわいくないといった感情は抜きにして、明るくて前向きでママが大好きなかんちゃんにとても癒されますよね。

成長が早い子供時代だけに、山崎莉里那ちゃんが演じるかんちゃんはすぐに終わってしまうことも考えられます。

今の、天真爛漫なかんちゃんをしっかり目に焼き付けておきたいと思います!

スポンサーリンク

かんちゃんが歌っている歌は?

かんちゃんが登場してからたまに歌っている「あーなたのおなまえは?」という歌。

気になっている人も多いかもしれません。

気付いたらついつい口ずさんでいる私です。

気になって調べてみたところ、実際に存在する歌で保育園などでよく歌われているそうです。

 

あーなたのおなまえは?

○○です

あらすてきなおなまえね!

 

とくに、自分のお名前が言えるようになる時期にとてもピッタリなあそびうたですね。

「半分青い」では、かんちゃんはこの歌をママやおばさんたちに歌って遊んでいたのです。

 

最後に…

ヒロイン鈴愛が漫画家を辞めた時期あたりから批判ぽい感想が多くなってきた「半分青い」。

なんだかんだ言いつつも観てしまいますが、今後どんな展開になるのか気になります。

かんちゃんは元気いっぱいでかわいいですが、ドラマとは言えあまり両親に似ている部分がなく、いろいろな声が聞こえてきます。

子役の山崎莉里那さんは本格的なドラマ出演が初めてということもあり、これを機にどんどんステップアップして欲しいですね。

女優や俳優はルックスが良い人ばかりが活躍できる職業ではないので、演技力を身に着けて活躍できる女優さんに成長することを願います!

スポンサーリンク