松岡修造さんといえば、熱血キャラで多くの人に好かれているスポーツキャスターですよね。

キャスターとしては知らない人はいないほどの知名度をもつ松岡修造さんがドラマ「陸王」に出演することが分かり、話題になっています。

これまでドラマへの出演はあったのでしょうか?

またCMでのコミカルな演技はおなじみですが、ドラマとなると迫真の演技も必要になってきますよね。

松岡修造さんの演技力についての感想もチェックしておきましょう。

当記事では、俳優としての松岡修造さんに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

松岡修造プロフィール

まずは、松岡修造さんの基本情報からチェックしていきましょう!

  • 生年月日:1967年11月6日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:
  • 身長:188cm
  • 体重:85kg
  • 所属事務所:IMG JAPAN(マネジメント)

 

松岡修造さんといえばテニス。

今の人たちはテニスの解説者として熱い実況解説をするイメージが強いことでしょう。

松岡修造さんは元プロテニスプレイヤーとして世界で活躍されました。

30歳で引退した後はテニスに係わる仕事を中心に活動し、CM出演やバラエティーにも出演しています。

 

ドラマ出演は「陸王」は初?

松岡修造さんが2017年10月期のドラマ「陸王」に出演することが分かり、話題沸騰中です。

CMではよくみかける松岡修造さんですが、ドラマ出演はこれまであったのでしょうか?

 

実は、テニスを題材とした作品である2004年のドラマ「エースをねらえ!」最終話に実況解説者として本人役で出演しています。

また元プロテニスプレイヤーの経験と知識を生かし、全話にわたりテニスの監修を務めました。

本人役と言ってももちろん演技力は必要になってきます。

しかし全くの別人を演じるのとは全然違いますよね。

 

今回、ドラマ「陸王」で松岡修造さんが演じる役を調べてみました。

スポンサーリンク

「陸王」での役柄は?

「陸王」は、老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」が経営危機に陥ったことを機に足袋のノウハウを生かしたランニングシューズ開発を目指す池井戸潤さんの小説をドラマ化したもの。

主演は役所宏司さんで、山崎賢人さんや竹内涼真さんなど旬の俳優に加えて寺尾聰さん、志賀廣太郎さん、光石研さんなどベテラン俳優が共演している豪華な作品となっています。

そんな中、第7話という盛り上がる回から出演することが決まった松岡修造さん。

 

演じるのは、アメリカに本社がある巨大アパレルメーカー「フェリックス」の社長・御園丈治(みそのじょうじ)。

礼儀正しくまっすぐな熱い一面をもつ一方で、ビジネスに対しては冷静な見方ができるという難しそうな役どころ。

熱いといえば松岡修造さんの名前が挙がるだけに適役かと思われますが、冷静さをどのように表現してくるのか見ものですね。

松岡修造さんが演じる御園丈治は、こはぜ屋がマラソン足袋の開発によって再建できるかどうかのキーを握る人物になりそうだということで、重要な役どころになるのは間違いありません。

 

演技力についての感想

松岡修造さんはたくさんのCMに出演していますが、演技力を判断できるほどの時間ではありません。

連続ドラマ初レギュラーということで、演技力がじっくり評価されることになるでしょう。

ベテラン俳優陣に紛れてどれだけ存在感をだせるのか、目の肥えた視聴者にどう評価されるのか気になりますよね。

松岡修造さんの演技力についての感想は、視聴後に追記したいと思います。

 

ちなみに、エッセイストでタレントの阿川佐和子さんも「陸王」が初ドラマ。

さらに演技自体が初めてというのだから驚きです。

なぜなら、阿川佐和子さんの自然な演技は「うまい」と感じさせるものだから。

演技経験がないという事実に驚く人が続出するという事態に…!

それだけに、松岡修造さんの演技力にも期待が持てます。

 

最後に…

ドラマ「陸王」はここまで平均視聴率15%と好調をキープしています。

崖っぷちのこはぜ屋が松岡修造さん演じる御園丈治社長によってどうなっていくのか、ストーリーとともに演技力にも注目が集まっています。

今後のドラマ出演にも関わってくるだけに、なんとか爪痕を残してほしいと思います。

スポンサーリンク