脚本家の中でも難しいと言われている原作モノの脚本をはじめ、オリジナルストーリーにも定評のある脚本家の野木亜紀子さん。

最近テレビ業界では、”野木亜紀子さんが脚本を担当している”というだけで話題にのぼるほど人気があり、世間からも高い評価と人気を得ていますね!

大ヒットとなった「逃げるは恥だが役に立つ」で野木亜紀子さんを知った方も多いと思います(^^)

今回は、人気作品を手掛ける脚本家の野木亜紀子さんの歴代作品にスポットをあて、高視聴率順のランキングを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

野木亜紀子(脚本家)プロフィール

まずは、脚本家・野木亜紀子さんの基本情報からチェックしていきましょう!

  • 本名:野木亜紀子(のぎ あきこ)
  • 年齢:44歳(1977年生まれ) ※2018年現在
  • 出身地:東京都
  • 最終学歴:日本映画学校

 

野木亜紀子さんのプロフィールですが、タレントではなく脚本家をなさっているためか生年月日や身長についての情報は公開されていません。

しかし、2010年に第22回フジテレビヤングシナリオ大賞の大賞を36歳で受賞していることから、2018年現在は44歳であるとわかりました!

学生時代の野木亜紀子さんは演劇をしていたものの、他の役者を目指している人たちの才能やセンスに圧倒され、挫折してしまいました。

その結果、映画監督となることを目標に日本映画学校へ進学したそうです。

脚本家として大ブレイクしている野木亜紀子さんですが、役者としての活躍も少し観てみたかったと思ってしまいますね(^^)/

 

歴代作品、高視聴率順でランキング!

今や売れっ子脚本家として、人気急上昇中の野木亜紀子さんですが、過去に手掛けた歴代作品TOP5を、今回は高視聴率順にランキング形式で紹介していきます。

 

第5位:アンナチュラル

野木亜紀子ランキング アンナチュラル

  • 平均視聴率11.14%
  • 最高視聴率13.3%
  • 2018年/TBS

 

「アンナチュラル」は不自然な死に立ち向かう解剖医を題材とし、主演の石原さとみさんがそれを演じた一話完結型のヒューマンミステリードラマです。

医療系のドラマというと少し堅苦しいイメージがありますが、「アンナチュラル」はわずかながらもコミカルな要素を取り入れられているので、独自の世界観にもすんなりと入り込める様な内容になっています。

今回のランキングでは平均視聴率、最高視聴率共に5位という結果になってしまいましたが、偽装や医療ミス、さらには真相やその裏側に迫るストーリーは必見です!

 

第4位:幸せになろうよ

野木亜紀子ランキング 幸せになろうよ

  • 平均視聴率11.81%
  • 最高視聴率16.4%
  • 2011年/フジテレビ

 

香取慎吾さん主演、月9枠で放送された「幸せになろうよ」。

結婚相談アドバイザーを演じる香取慎吾さんの元を訪れた二人の相談者と親密になり、三角関係に陥ってしまうといった波乱あり、笑いありのラブコメディドラマです。

ラブコメディですが、時にはシリアスな場面もあり観る人を飽きさせないストーリーは、幅広い年齢層から支持されるような仕上がりになっていると言えます。

野木亜紀子さんがプロット協力という形で携わった同作品は、今回のランキングで4位にランクインです(^^)/

 

第3位:空飛ぶ広報室

野木亜紀子ランキング 空飛ぶ広報室

  • 平均視聴率12.65%
  • 最高視聴率15.3%
  • 2013年/TBS

 

「空飛ぶ広報室」は有川浩さん原作の小説。
新垣結衣さんが演じるテレビディレクターと元戦闘パイロットの綾野剛さんがお互いの理解を深め、成長し、惹かれあっていくというハートフルなストーリーとなっています。

野木亜紀子さんが脚本を担当したとあって、原作ファンからも雰囲気やイメージを壊さずに素晴らしい脚本だったと好評のようですね(^^)/

最高視聴率こそあまり振るわなかった「空飛ぶ広報室」ですが、原作ファンからも好評で平均視聴率がよく推移していたことを考え、今回は3位とさせていただきました!

\ドラマ「空飛ぶ広報室」はHuluで配信中!/

2週間のトライアル期間内なら無料で視聴できます!!

↓詳しくはコチラ↓

Hulu 

 

第2位:ラッキーセブン

野木亜紀子ランキング ラッキーセブン

  • 平均視聴率15.59%
  • 最高視聴率16.9%
  • 2012年/フジテレビ

 

大人気グループ「嵐」の松本潤さんと言わずと知れた演技派俳優の瑛太さんがタッグを組み、月9枠で放送された「ラッキーセブン」。

派手なアクションや細部までのこだわり、作りこまれたシナリオが揃っていたため、視聴率は毎週絶好調、平均視聴率では堂々の1位となった「ラッキーセブン」ですが…

世間に野木亜紀子さんを認知させる大きな要因とならなかったことや、最高視聴率についても加味し、今回の高視聴率順ランキングでは2位とさせていただきます!

 

第1位:逃げるは恥だが役に立つ

野木亜紀子ランキング 逃げ恥

  • 平均視聴率14.58%
  • 最高視聴率20.8%
  • 2016年/TBS

 

堂々の第1位はやはり、「逃げるは恥だが役に立つ」で決まりでしょう。

こちらの作品は海野つなみさん原作の少女漫画で、ドラマの脚本を野木亜紀子さんが担当した名作中の名作です。

放送当初こそ視聴率も振るいませんでしたが、回を追うごとに評価と視聴率はぐんぐん上昇。

最終話の視聴率はなんと20%の大台すら超えるという快挙を達成しました。

さらには社会現象とまでなった恋ダンスで、世間は賑わっていましたね。

若者を中心に大人気のミュージシャン兼俳優星野源さんと、男女問わず根強い人気を得ている新垣結衣さんが繰り広げる、ムズ痒くて胸がキュンキュンするようなストーリーは、何度も見返したくなるような面白さがあります(^^)/♪

 

まとめ

野木亜紀子さんの歴代作品、高視聴率順のランキングは以上となりますが、皆さんの気になる作品は見つかったでしょうか?

今後も原作の良さを残した野木亜紀子さんの素晴らしい脚本と、さらには自身のオリジナルストーリーで、また世間を賑わせてくれることに期待しましょう。

スポンサーリンク