数々の話題の作品に出演し続けている映画俳優、ライアン・ゴズリング。

彼は子役から俳優のキャリアをスタートさせ、アカデミー賞にノミネートされるまでになりました。

そんなライアン・ゴズリングには子どもがいますが、どんな子なのか気になります。

また嫁についてはどうなんでしょうか。

 

あまり来日しないライアン・ゴズリングですが、来日するとなにかしらイベントがあるようなので調べてみました。

当記事では、ハリウッドスター、ライアン・ゴズリングについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ライアン・ゴズリングプロフィール

まずは、ライアン・ゴズリングの基本情報からチェックしていきましょう!

  • 本名:Ryan Thomas Gosling
  • 生年月日:1980年11月12日
  • 出身地:カナダオンタリオ州ロンドン

 

子役時代からのキャリアを持つライアン・ゴズリング。

1993年に「ミッキー・マウス・クラブ」のオーディションで、1700人の中から合格をつかみ取りました。

「ミッキー・マウス・クラブ」というのは、ディスニーチャンネルの番組で、アメリカでは絶大な人気を誇っていました。

そのリバイバル版のオーディションでライアン・ゴズリングはレギュラー出演を獲得したのです。

これは、スターの道が約束されたようなもの。

 

それに、同期として一緒に出演していたメンバーの顔ぶれが豪華すぎる!

  • ジャスティン・ティンバーレイク
  • ブリトニー・スピアーズ
  • クリスティーナ・アギレラ
  • ケリー・ラッセル

などなど、ものすごいメンバーですね!

このメンバーとともにレギュラー出演していたというのだから、ライアン・ゴズリングも相当な実力を持っていたと言えますね。

 

しかし、「ミッキー・マウス・クラブ」に出演したからといって、即スターとなるほど甘い世界ではないのでしょう。

彼は俳優として高い評価を受けながらも、知名度はまだまだ高いとは言えませんでした。

ライアン・ゴズリングが一躍スターの仲間入りとなったのが2004年の映画「きみに読む物語」の大ヒットでした。

その後は次々に演技が認められ、受賞したりアカデミー賞にノミネートされたりと、すっかり実力派俳優となったのでした。

※関連記事

アカデミー賞2017で日本作品のノミネートは?受賞予想まとめ

さて、そんなライアン・ゴズリングの私生活が気になります。

スポンサーリンク

子どもはいるの?

ライアン・ゴズリングには、二人の女の子の子どもがいます。

2014年に誕生した長女、エスメラルダちゃんと2016年に誕生した次女のアマダ・リーちゃん。

おそらく、かわいい娘ちゃんたちでしょう。

しかし、嫁についてはあまり報じられていません。

いったいどんな女性なんでしょうね。

 

ライアン・ゴズリングの嫁は?

実はライアン・ゴズリング、結婚していません。

未婚で子持ち、子どもの母親は誰でしょう?

子どもたちの母親でライアン・ゴズリングの恋人でもあるのは女優のエヴァ・メンデス。

二人は、2012年の映画「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」で共演したことがきっかけとなり、交際をスタート。

 

エヴァ・メンデスはライアン・ゴズリングよりも7歳年上の女性。

結婚はしないのかと話題になりますが、ライアン・ゴズリングは結婚して大家族になることを望んでいるものの、エヴァ・メンデスの方にはその気がないんだとか。

結婚=古い考えだと感じているようです。

 

しかし、一部ではエヴァ・メンデスの方に結婚願望が芽生えた時もあったと報じられているだけに、おそらくお互いに納得して今の状態なんでしょうね。

これからもきっと結婚に関して突っ込まれることが多そうな夫婦。

そんな形であれ、子どもたちと仲良く過ごしてほしいですね。

 

来日イベントって?

ライアン・ゴズリングの初来日は「きみに読む物語」が日本で公開となった2004年のこと。

その後13年もの間訪れることなく、2017年になって映画「ラ・ラ・ランド」で来日しました。

 

来日イベントというのは、この「ラ・ラ・ランド」のジャパンプレミアイベントのことだったようです。

2017年1月26日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、女優の米倉涼子さんも会場入りし、集まったファンたちを熱狂させました。

日本でも人気のあるライアン・ゴズリングだけに、今度は13年後と言わず、すぐにでも来日してほしいものです。

 

最後に…

ライアン・ゴズリングは監督としてもデビューしているので、今までよりは来日することが増えてくるかもしれません。

アカデミー賞主演男優賞、是非ともとってほしいですね!

恋人と娘ちゃんたちに囲まれて幸せなプライベートを送るライアン・ゴズリングには、これから一層活躍してほしいと思います。

スポンサーリンク