2017年7月期のドラマ「セシルのもくろみ(セシもく)」に出演中の真木よう子さん。

読者モデルという異世界に足を踏み入れた体育会出身のパート主婦を演じています。

「体育会系」ということもあってか、少しガサツな感じのお母さんですが、真木よう子さんが痩せすぎで心配という声が上がっています。

 

また、視聴率があまり良くなかったこのドラマ、今後伸びていく可能性があるのかも気になります。

当記事では、「セシもく」の真木よう子さん痩せすぎ問題についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ「セシルのもくろみ」

「セシルのもくろみ」は、2017年7月13日(木)よる10時よりフジテレビ系列で放送されているドラマ。

 

着飾ることにまったく興味がなく、オシャレにお金を使うくらいだったら家族と焼き肉を食べたいという考えの主婦・宮地奈央。

そんな日々の幸せを大切にしている奈央が、ある日突然ファッション雑誌「ヴァニティ」の読者モデルにスカウトされる。

「稼げる」というライターの沖田江里の誘い文句によって、読者モデルとなった奈央

自分には興味のない世界、関係ない世界だったファッション誌の世界に足を踏み入れ、プロたちと接していくうちに奈央にどんな変化が訪れるのか…

 

奈央を演じるのは、真木よう子さん。

※関連記事

真木よう子に再婚の噂が浮上?子供の年齢や名前が気になる!

真木よう子さんといえば、もともとサバサバした男っぽいイメージはあるものの、今回の役は個人的に「ガサツ」な女性であるような気がします。

オシャレに興味がない、キラキラした世界やSNSなども苦手とする体育会出身の主婦。

「読者モデル」という役だからか、真木よう子さんの体型について気になっている人が多いようです。

 

真木よう子が痩せすぎ?

真木よう子さんは、これまでも激やせ→激太りが話題になったりして、ファンから心配されていました。

離婚後の激やせということもあり、メンタル面も心配されましたよね。

しかし、女優さんですから役作りのために体重の増減を調整していることももちろんあるでしょう。

セシもくでの真木よう子さんはコチラ。

 

今回の役は読者モデルということもあって、体型を絞ったのかもしれません。

しかし、共演の伊藤歩さんと並ぶと伊藤歩さんが大きく見えてしまうほどの細さです。

伊藤歩さんもスタイルの良い女優さんですから、真木よう子さんは相当痩せていると言えます。

 

真木よう子さんの身長160cmで計算すると

  • 標準体重…56kg
  • 理想体重…53kg
  • 美容体重…51kg

という結果になります。

さらにモデル体重となると160cmに対して46kgが目安となります。

セシもくでの真木よう子さんをみると、この数字よりももっと少ない体重のように思えてなりません。

役作りだったとしても、これだけガリガリなのは観ていて痛々しいですね…

もう少しだけ太る、というのも難しい気がしますが、健康面にはくれぐれも気を付けていただきたいと思います。

スポンサーリンク

視聴率は伸びる?

神対応が話題の真木よう子さんのツイッター。

「観てください!」の土下座ツイートもニュースになりましたよね。

そんな「セシルのもくろみ」第1話の視聴率は、5.1%と無残な結果になりました。

 

2017年7月期のドラマ視聴率は現在のところ、このようになっています。

  • 1位…遺留捜査(13.1%)
  • 2位…刑事7人(11.8%)
  • 3位…過保護のカホコ(11.6%)
  • 4位…ウチの夫は仕事ができない(11.2%)
  • 5位…ごめん、愛してる(9.8%)
  • 6位…警視庁いきもの係(8.9%)
  • 7位…セシルのもくろみ(5.1%)

まだ始まっていないドラマもありますので、順位は変動します。

 

また、第1話をとりあえずチェックして今後も続けて観るかを判断する人も多いでしょう。

さらに、最近では録画視聴している人も多いため、低視聴率だからと言って「ドラマが観られていない」ことにはなりません。

 

セシもくは、真木よう子さんのツイッターが話題にもなっていて、そこからまた巻き返しがはかれるかもしれませんよね。

今後の視聴率に注目です!

 

【PR】「セシもく(セシルのもくろみ)」を見逃してしまった方はFODで視聴可能!

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ番組はもちろんのこと、アニメや映画など数多くの対象作品が見放題となるサービス。

TVで放送中の最新ドラマも加わり、対象作品が今後も続々追加予定!!

↓詳しくはコチラ↓

 

最後に…

「セシもく」は、真木よう子さんの痩せすぎが気になるドラマではありますが、これからどう展開していくのかも注目ですね。

視聴率は今後伸びていく可能性もあるため、制作サイドは頑張ってほしいと思います!

スポンサーリンク