映画「プラダを着た悪魔」やドラマ「メンタリスト」ジェーン役でおなじみの俳優、サイモン・ベイカー。

あのタレ目すぎる素敵な笑顔は反則モノですが、身長が低めなのかな?と思う人は多いかもしれません。

また、サイモン・ベイカーの嫁は女優ということですがどんな女性なのでしょうか。

これまでにどんなゴシップがあったのかも含めて調べてみたいと思います。

当記事では、俳優サイモン・ベイカーについてのゴシップネタをまとめてみました。

スポンサーリンク

サイモン・ベイカーとは?

まずはサイモン・ベイカーの基本情報をすばやくチェックしていきましょう。

  • 生年月日:1969年7月30日
  • 国籍:オーストラリア
  • 出身地:タスマニア
  • デビュー作:「L.A.コンフィデンシャル」

 

アメリカ映画のデビューは1997年の映画「L.A.コンフィデンシャル」。

その後も「レッド・プラネット」や「マリー・アントワネットの首飾り」「プラダを着た悪魔」などの人気作品に出演しています。
↓とても素敵な映画ですよね!サイモン・ベイカーの役どころもgood!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラダを着た悪魔<特別編> [ メリル・ストリープ ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/4/12時点)

 

身長は?

サイモン・ベイカーをみているとあまり身長が高くないように思えますが、どのくらいあるのでしょうか?

実は178cmと日本では高身長の部類に入るサイズ。

欧米では日本よりも身長が高い人が多いので、178cmは普通か低い方になるのかもしれませんね。

 

「メンタリスト」のジェーン役が好評!

テレビシリーズ「メンタリスト」は2008年に放送が開始されました。

初回は1560万人が視聴、その後も高視聴率をキープし視聴者数ランキングTOP10にランクインしています。

「メンタリスト」はカリフォルニア州捜査局(CBI)が舞台になっています。

 

サイモン・ベイカー演じるパトリック・ジェーンはその鋭い観察眼からコンサルタントとして捜査に参加。

型破りな操作方法ではあるものの、毎回ジェーンによって事件は解決されます。

かつて霊能者タレントとして人気を博していたジェーンは、連続殺人鬼「レッド・ジョン」に妻と娘の命を奪われてしまうという悲しい経験をしています。

レッド・ジョンへの復讐心を抱きつつ、レッド・ジョンがらみの事件を捜査し手がかりを集めていくジェーン。

CBIのチームのメンバーもそれぞれ個性があり、関係性もおもしろいのでクスッと笑ってしまうシーンも多々。

ジェーンのキャラクターが素敵すぎて、メンタリストでサイモン・ベイカーのファンになった人も少なくないかもしれませんね。

スポンサーリンク

サイモン・ベイカーのゴシップは?

サイモン・ベイカーのゴシップ記事を探しまくったのですが、ありませんでした。

なぜなら、サイモン・ベイカーは奥さんをとても大切にしているからです。

「自分の人生で最も大切な出来事になったのは妻と結婚したこと」と堂々と語るほどの愛妻家。

どの写真を見てもラブラブで、お互いにまだ恋をしているような二人。

そんなサイモン・ベイカーの嫁さんってどんな人なんでしょうか?

 

サイモン・ベイカーの嫁って?

奥さんもサイモン・ベイカーと同じオーストラリアで有名な女優、レベッカ・リグ。

二人はどちらも無名だったころに結婚し、多くの困難を乗り越えてきた間柄。

それだけに成功してこれだけ有名になってもお互いをリスペクトしているのですね。

素敵な関係です!

 

サイモンベイカー ゴシップ1

 

ちなみに、二人には1993年に長女、1998年に長男、2001年に次男が誕生しています。

そして、「メンタリスト」のシーズン1、19話では夫婦共演を果たしています。

さらにシーズン5、8話ではセリフのない役ながらも長男と次男が出演しています。

「メンタリスト」ファンならもうすでに知っている人も多いかもしれませんね!

 

最後に…

大人気ドラマで家族共演を実現するなんてサイモン・ベイカーの素敵な人柄がよく分かりますね。

「メンタリスト」が終了してサイモンロスに陥っているアナタに朗報です。

サイモン・ベイカーが初監督となる映画「Breath」が製作されることになりました。

どうか日本でも公開されるようになり、そしてサイモン・ベイカーにPRで来日して欲しいものです!

スポンサーリンク