国民的大スターであるSMAPの解散発表に世間は驚愕しましたね。

数ヶ月前の解散騒動で丸く収まったものと理解していただけに、まさかの展開でした。

デビューから25年ということで、ファンの人たちも悔しさと悲しさでいっぱいだと思います。

そのSMAPファンの人たちがデビュー日の9月9日に25周年のお祝いイベント開催を企画していることが分かりました。

そこで、どんなファンイベントなのか開催地や内容について調べてみました。

お近くのSMAPファンの方は是非、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

 

※追記※

SMAPファンによって企画されているイベントはいくつかあるようですが、当記事で紹介したイベントについて変更があります。

9月9日西武園ゆうえんちでの開催がなくなり、10月22日に別の会場での開催が決定しました。

開催場所や時間については参加者のみに知らされるシステムとなっています。

気になるファンの方はコチラの記事をチェックしてみてください!

SMAPファンイベントが10月22日開催決定に!詳細が気になる!

 

SMAPの解散について

2016年8月14日未明、ジャニーズ事務所からマスコミ各社に送られたFAX。

内容は、「2016年12月31日をもってSMAPは解散します」というものでした。

メンバーのうち、木村拓哉さんだけがSMAP存続に強い希望を持っており、他のメンバーは解散の思いが強いと言われています。

グループ活動休業の道もあったようですが、木村拓哉さん以外の四人が解散を希望したことで決定。

 

2016年1月にはSMAPの育ての親とも言えるマネージャーの退社により、木村拓哉さん以外の四人もジャニーズ事務所を去り、解散は免れないと報じられました。

これは、女性マネージャーがSMAPの独立を計画したものの、メンバーの一人である木村拓哉さんが事務所残留を決めたことで彼女は退社を余儀なくされたというもの。

※関連記事

木村拓哉の元カノかおりんの現在は?破局の原因は何だったの?

 

5日後には「SMAP×SMAP」番組内で5人揃っての謝罪会見があり、世間はモヤモヤするものはありつつも、なんだかんだで丸く収まったものとみていました。

 

しかし、四人の解散への気持ちは水面下で突き動かされていたのでした。

報道では、

  • 女性マネージャーを育ての親として慕っていた香取慎吾さんが憔悴しきっている
  • 木村拓哉さんが裏切った
  • 香取慎吾さんと木村拓哉さんの溝は修復不可能

などと言われていますが、本人たちがそのように語ったわけではないため、真相は分かりません。

ファンとしては、グループの中での犯人探しはしたくないですし、誰かのせいで…なんてことは考えられないですよね。

 

1月の解散騒動を受けて、ファンはSMAPの代表曲である「世界に一つだけの花」の300万枚突破を目標として購買運動を呼びかけました。

25年間第一線で活躍してきたSMAPだけに、ファンの思いはとても強く、彼らのために何かしたいという気持ちによって購買運動だけではなく、イベントの企画もされています。

スポンサーリンク

 

ファン企画、9月9日のイベントの開催地は?

SMAP解散の発表があってからファンはイベントを企画しました。

SMAPのCDデビュー日である9月9日にファンが集まり、デビュー25周年のお祝いと解散取りやめの希望を込めたイベントを開催するとのこと。

主催者はSMAPを応援して20年以上という筋金入りのファンである「みょんみょん」さん。

気になる内容は、

  • SMAPの曲を合唱、踊る
  • 世界中のファンからメッセージを集める
  • ネット中継やストリーミング

などを考案中とのこと。

 

開催地について、当初はSMAPはじまりの地である「西武園ゆうえんち」に決定していました。

しかし、さまざまな事情から開催は難しいという結論に達したようです。

残念ながら、9月9日にはじまりの地での開催はかなわなかったようですが、別の日に新たに企画しているという情報も。

当記事では、ファンイベント「SMAPデビュー祝25周年パーティー」の続報について随時追いかけていきたいと思います。

 

最後に…

国民が絶句し、驚愕した大スターSMAPの解散報道。

本人たちがグループを続けていくのが無理なら仕方がありませんが、ファンが納得できるような説明なり、会見が欲しいところです。

このままだと報道が独り歩きし、「悪者」ができ上がりかねません。

今後、個人個人が活動していくのを気持ち良く応援するためにも、ある程度スッキリとした幕引きを願いたいですね。

また、ファンイベントが無事に開催され、SMAPや事務所を動かし解散撤回の運びとなることを切に願いたいと思います。

スポンサーリンク