高樹沙耶といえば、過去に多くの作品に出演していた女優。

現在は女優を引退し、沖縄県石垣市に移り住んで、宿泊施設を経営しているといいます。

すでに女優は引退しているだけに、過去に出演した作品がどういうものなのか気になりますよね。

また、逮捕を受けて経営しているホテルの営業がどうなってしまうのかも気がかりなところ。

当記事では、元女優・高樹沙耶さんの出演作品やホテルの営業停止についてまとめています。

スポンサーリンク

高樹沙耶プロフィール

まずは高樹沙耶さんの基本情報からチェックしていきましょう!

  • 本名:益戸育江
  • 生年月日:1963年8月21日
  • 出身地:静岡県浜松市
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:オスカープロモーション(2012年まで在籍)

 

高樹沙耶さんはシンガーソングライター原田真二さんのコンサートに影響を受け、17歳の時に上京。

モデルとして活動をはじめ、1983年に映画「沙耶のいる透視図」でいきなりの主演として女優デビューを果たします。

芸名の「高樹沙耶」はこの作品から生まれたのですね。

サバサバしたカッコイイ女性というイメージのある高樹沙耶さん。

過去にはどんな作品に出演していたのでしょうか?

 

過去の出演作品一覧

高樹沙耶さんはかなり多くの作品に出演していたので、最近のものや有名な作品に限定して紹介します。

 

「刑事貴族」(1990~1992年)

舘ひろしさん主演の豪華キャストが勢揃いの刑事ドラマ。

高樹沙耶さんは、前期ヒロインの黒木瞳さんの後任として転属してきた女性刑事・青木順子役を好演。

主にパート1~2に出演しました。

 

スウィート・ホーム(1994年)

布施博さん、山口智子さん主演のお受験ドラマ。

高樹沙耶さんは常に全身エルメスの派手な主婦役を演じました。

山口智子さん演じる若葉と意気投合するママ役は楽しく拝見できましたよね。

 

「お金がない!」(1994年)

織田裕二さん主演の人気ドラマに柏木麗子役として出演。

仕事第一で厳しい管理職の女性を演じ、カッコイイ女性を印象付けました。

 

「相棒」(2000年~)

現在も続いている人気ドラマシリーズである相棒。

高樹沙耶さんが出演したのはpre season第1話~ season10 第1話まで。

水谷豊さん演じる主人公・杉下右京の元妻という重要な役柄でしたね。

小料理屋を切り盛りし、よき理解者の女将。

劇場版には

  • 「絶対絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン」
  • 「鑑識・米沢守の事件簿」
  • 「警視庁占拠!特命係の一番長い夜」

の三作品に出演しました。

 

このように話題のドラマに出演していた高樹沙耶さん。

これらは人気ドラマなので、再放送などは出演部分を差し替えたりと大変そうですよね…

もう女優としての彼女は観ることができませんが、女優をやめることになった経緯が気になります。

スポンサーリンク

 

石垣島に移住!

実は高樹沙耶さんは一度結婚しています。

1998年にシンガーソングライター中西圭三さんと2年ほど結婚生活を送りますが離婚。

この後にハワイに移住し、フリーダイビングの大会に出場、総合2位という好成績を残しました。

 

それからもナチュラルでエコな生活をしていた高樹沙耶さん。

2008年には「高樹沙耶」の芸名を返上し本名の「益戸育江」で活動していくことを宣言しました。

そして2011年には石垣島に移住し、1500坪の土地を全財産はたいて購入、コテージを建てて経営するようになりました。

 

このような経緯は、価値観の変化によるものだと語っています。

お金があって生活が豊かで幸せというよりも、自由で自然豊かな方が幸せだと感じるようになったとか。

しかし、経営するコテージの営業状況が気になりますよね。

 

経営ホテルは営業停止になる?

2016年10月の逮捕によって高樹沙耶さんの経営するホテルはどうなるのでしょうか。

実は高樹沙耶さんは男性4人と同居しているのです。

ん?同居?もしかして…と思っちゃいますが、共に働く仲間たちという関係だそうで、男女の意識はないとのこと。

一緒に働いているということで、コテージの経営は残された男性が請け負うことになるのでしょうか。

しかし、お客はこなさそうです。

結局は営業停止という流れになりそうですね。

やはり法律は守らないといけません、絶対に!

 

最後に…

人気作品に出演していただけに、今回のことはとても残念ですよね。

作品を汚してしまう可能性もあるので、自覚を持って生活して欲しかったとしか言いようがありません。

経営しているホテルについても、せっかく頑張ってきたのにもったいないです。

今後、ホテルの営業がどうなっていくのかも含めて、しばらくは高樹沙耶さんから目が離せませんね。

スポンサーリンク