2017年1月のドラマ「嘘の戦争」。

「元SMAP」として初の主演ドラマとなった草彅剛さんに注目が集まっていますよね。

また、2015年のドラマ「銭の戦争」が好評だったので、「嘘の戦争」も高視聴率が期待されます。

 

物語の中では、30年前に浩一の父が何かを知ってしまったために消されてしまいます。

いったい何を知ってしまったのか、消された理由が気になります。

 

また、犯人は一人ではなかったということで、もう一人の犯人は誰なのでしょうか?

当記事では、ドラマ「嘘の戦争」についてネタバレありで予想していきたと思います。

スポンサーリンク

「嘘の戦争」キャストとあらすじ

まずは、「嘘の戦争」のキャストとあらすじを紹介していきますね。

ネタバレを含みますので、まだ観ていない人はご遠慮くださいね!

 

主人公の詐欺師・一之瀬浩一を演じるのは元SMAPの草彅剛さん。

一之瀬浩一というのは改名した名前で、本当の名は千葉陽一。

実は9歳の頃に自分以外の家族を消されてしまうという過去を持っています。

現場を見てしまった浩一自身も消されそうになったものの、なんとか一命を取り留めます。

警察には犯人をみたことを証言しましたが、「嘘はいけない。犯人は無理心中を図った父親だろう」と真実を捻じ曲げられてしまう。

警察だけでなく、親戚にまでも嘘つき呼ばわりされてしまった浩一は、病院から出るため「犯人は父親」という嘘をつくしかなかったのでした。

 

入院中にお世話になった父の友人でもある医師の三瓶守(大杉蓮さん)ですが、なんと現在は浩一も育った児童養護施設「宮森わかばの家」で園長となっていました。

 

タイで十倉ハルカ(水原希子さん)とともに詐欺を働いていた浩一。

偶然、家族を消し自分をも消そうとした犯人のひとり「腕にアザのある男」を発見。

これをきっかけに日本へ帰国、復讐することを誓ったのでした。

 

「アザの男」を調べるうち、仁科興三(市村正親さん)というニシナコーポレーションの会長の関与が浮かび上がってくる。

 

仁科興三会長には簡単に近づけないと分かり、浩一は不出来で子会社に左遷した長男・晃(安田顕さん)に経営コンサルタントとして近づく。

仁科晃は弟でニシナコーポレーション社長の隆(藤木直人さん)に無理難題を突き付けられ、困っていました。

浩一はその部分をうまく突き、晃をうまくだましてコンサルタント契約を結びます。

会長に会わせてほしいという浩一の希望を叶えるべく、晃はニシナコーポレーションへ浩一を連れて行くものの、弟の隆が邪魔をしてきます。

浩一に「目的は何だ?」と疑ってかかる隆ですが、浩一の見事な手口によって信じざるを得ない状況になります。

 

また晃に接触すると同時に、仁科興三の娘で二人の兄とは腹違いの妹である楓(山本美月さん)にも近づき、好感を持たせることに成功。

 

一方、アザの男こと五十嵐医師は浩一にスキャンダルを暴かれ、自分の知っていることをすべて浩一に話します。

その内容は、

「浩一(陽一)の父は知ってはいけないことを知ってしまい警察に行こうとし、仁科興三の指示によって消された」というもの。

スキャンダルを暴露された五十嵐医師は、自暴自棄となり、ハルカの言葉によって会長に会いに行こうとします。

 

シーンは会長の70歳を祝う誕生パーティーの会場。

希望通り、会長に会うことができた浩一ですが、会長は「興味がない」と吐き捨てます。

そこへ五十嵐医師がナイフを手に会長に近づき、速度を速めたところへ浩一が盾になって仁科一家を守ります

刺されてしまった浩一でしたが、会長は「この男、私を守ったのか」と驚く。

 

こうして始まった浩一の復讐劇

浩一の父が知ってしまったこととはいったい何だったのでしょうか?

そして五十嵐医師のほかに犯人として浩一の家族を消したのは誰なのか…

さらに、ハルカや楓との三角関係も気になります。

続きが気になって早く観たくなるタイプのドラマなので、視聴率は高いと思われます。

 

上記の他の登場人物は、浩一に詐欺の手法を教え込んだ「BAR800」のマスター、百田ユウジ役にマギーさん。

ユウジの甥で詐欺の見習い中、八尋カズキをSexy Zoneの菊池風磨さんが演じます。

スポンサーリンク

浩一の父はなぜ消されたのか?

「嘘の戦争」は“30年前のある事件”が発端となっています。

 

30年前の事件で浩一は家族を失った。

30年前のある事件で仁科興三は会社を急成長させた。

30年前に突然医師を辞めて児童養護施設を手伝うようになった三瓶守。

 

気になりますよね?大杉蓮さん演じる三瓶守が。

善良で、浩一の唯一の味方という設定ですが、医師を辞めた時期が30年前でしかも突然。

その後は浩一も育ったという児童養護施設を手伝い、園長になった今、半ば強引に浩一をあいている部屋に住まわせる。

30年前のある事件になんらかの関与がありそうな予感。

 

浩一の父が知ってしまったことは、現時点で以下の通り。

  • 警察に伝えるべきこと
  • みんなにとって都合の悪いこと
  • 消されてしまうほどの案件

 

また、ニシナコーポレーションが医療器具の取り扱いをしていることや医師との阿関係が深いことから医療関係だと推測します。

さらにお金が絡んでいることは間違いないでしょう。

法を犯してお金儲けをする医療関係…臓器をうりかいするやつとかですかね?

30年前のある事件には、そういう種類の闇が関係していそうです。

 

もう一人の犯人は?

30年前、浩一の家に侵入したのは五十嵐医師のほかにもう一人いました。

五十嵐医師は「名前は知らない、仁科興三の部下」と答えていました。

もしかすると、このもう一人の犯人は第二話に登場する弁護士かもしれません。

仁科家の顧問弁護士・六反田健次(飯田基祐さん)は、30年前の事件当時、浩一の父親が一家心中を図ったという嘘の証言をした人物だったのです。

嘘の証言をしただけでなく、浩一の家族を消した人物でもあるのかもしれません。

 

今後、登場する人物にも注目ですね!

 

※関連記事

SMAP解散後のメンバーの活動は?現在最も活躍しているのは?

野村麻純の出演作品まとめ!双子や熱愛元彼の噂の真相は?

 

最後に…

「銭の戦争」と「嘘の戦争」は復讐シリーズ。

ご覧になった方は分かったと思いますが二つの作品はまったく別物です。

脚本は後藤法子さん、演出・プロデューサーは三宅喜重さん、プロデューサーが河西秀幸さんということで「銭の戦争」スタッフが集結しています。

「銭の戦争」同様、ヒット作になることは間違いなさそうですね。

また、草彅剛さんにとってはSMAP解散後初のドラマということで、注目度も高いはず。

まだ始まったばかりですが、これから先の展開が楽しみなドラマですね。

浩一の父が知ってしまったのは何だったのか、最終回までドラマを見逃さずにしっかりチェックしていきましょう!

スポンサーリンク