2017年10月からの朝ドラ「わろてんか」。

続々と豪華キャストが発表され、放送を楽しみにしている人も多いことでしょう。

物語を楽しむと同時に気になるのがこの先の展開ですよね。

原作があれば、だいたいの流れが分かるのですが、「わろてんか」に原作はあるのでしょうか?

またモデルとなった人物や主題歌、キャストの紹介もまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

朝ドラ「わろてんか」に原作は?

多くの朝ドラがそうであったように、「わろてんか」にも原作はありません。

オリジナルストーリーを担当するのは、脚本家の吉田智子さん

これまでの主な作品は、

  • ドラマ「美女か野獣」
  • ドラマ「働きマン」
  • ドラマ「キイナ~不可能犯罪捜査官~」
  • ドラマ「全開ガール」
  • ドラマ「学校のカイダン」
  • 映画「クローズド・ノート」

など誰もが一度は耳にしたことがあるタイトルばかり。

朝ドラの脚本は初ということですが、期待できるストーリーになりそうですね。

 

モデルの人物は?

原作はありませんが、「わろてんか」のヒロインは実在の人物がモデルになっています。

そのモデルとは、吉本興業の創業者である吉本せいさん

 

それでは、「わろてんか」のモデルとなった吉本せいさんの基本情報をチェックしてみましょう!

  • 名前:吉本せい
  • 生年月日:1889年12月5日
  • 出身地:兵庫県明石市
  • 死没:1950年3月14日

 

吉本せいさんは、米穀商の三女として兵庫県明石市に生まれました。

20歳の時に吉本吉兵衛さんと結婚、2年後に天満八軒のひとつである「第二文芸館」を買収し、寄席経営を始めました。

そして「芦辺合名社」や「大阪芦辺商会」と名乗って次々に寄席を買収、チェーン化していきました。

このころ、寄席に「○○花月」と名付け、現在でも使われている「花月」が誕生しました。

1932年には吉本興業部から吉本興業合名会社に改組し、吉本せいさんは主宰者に就任しました。

 

誰よりも笑いを愛していた吉本せいさんは、笑いを商売にし成功させたのでした。

この時代では女性実業家というのは珍しかったかもしれませんね。

そんなカッコイイ彼女がモデルの「わろてんか」。

 

キャストをみていきましょう。

スポンサーリンク

キャストまとめ

「わろてんか」は関西が舞台となっています。

どんなにぎやかなキャスティングになっているのかみていきましょう。

 

まずは、主人公・藤岡てんを演じるのは若手女優として注目されている葵わかなさん

※関連記事

葵わかなの出演作品は?本名や高校、双子ってホントなの?

 

そして後にてんの夫となる北村藤吉役に、すでに人気俳優として活躍中の松坂桃李さんが起用されました。

北村藤吉は老舗の米問屋「北村屋」の長男で、家業を継ぐ運命にあるのですが、それが嫌で旅芸人一座に紛れ込んでいたときにてんと出会います。

笑いをこよなく愛する北村藤吉がてんに恋をし、一生笑わせてやると誓います。

 

てんのお見合い相手の伊能栞役には、大人の魅力で人気を誇る俳優、高橋一生さん

てんや北村藤吉と親交を深め、ゆくゆくはショービジネスを展開していく青年実業家。

 

てんの従兄・武井風太を演じるのは存在感抜群の俳優、濱田岳さん

密かにてんに恋心を抱いているが、てんが藤吉と一緒になってもてんに忠誠を誓う一途でかわいい弟的な男。

 

そのほか、藤岡家のメンバーとして

  • てんの父・藤岡儀兵衛…遠藤憲一さん
  • てんの母・藤岡しず…鈴木保奈美さん
  • てんの祖母・藤岡ハツ…竹下景子さん
  • てんの兄・藤岡真一…千葉雄大さん
  • てんの妹・藤岡りん…堀田真由さん
  • てん付きの女中・トキ…徳永えりさん

といった個性的なキャスト陣が決定しています。

※関連記事

堀田真由はバレエが下手ってホント?出身高校や身長は?

 

主題歌は?

半年間、毎朝観る朝ドラだけに主題歌はとても重要ですよね。

今回の「わろてんか」の主題歌を担当するのは、松たか子さん。

曲名は「明日はどこから」で、作詞作曲も松たか子さん自身が手掛けています。

少し聴いただけですが、松たか子さんの優しい歌声が今日一日を頑張れる気がします!

 

発売日はまだ明らかになっていませんが、分かり次第追記にてお知らせしたいと思います。

 

最後に…

前作「ひよっこ」が好評だっただけに、「わろてんか」への期待も高まりますね。

モデルはいるものの原作はないので、ある程度はネタバレなしでストーリーを楽しめそうです。

またキャストも個性的で豪華なメンバーとなっているので、朝からワクワクした気持ちで観られるでしょう。

「わろてんか」に関連した気になることを今後もアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク