最近テレビで観ない日はないというくらい勢いがある若手女優といえば、吉岡里帆さんではないでしょうか。

あまりにもドラマやCMに多数出演しているので、「ゴリ押し」と感じる人も少なくないでしょう。

吉岡里帆さんはゴリ押しするほどかわいいのでしょうか。

 

また、吉岡里帆さんを嫌いだという人はいったいどのような理由があるのか調べました。

当記事では、吉岡里帆さんのゴリ押しと嫌いの理由についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

吉岡里帆プロフィール

まずは、吉岡里帆さんの基本情報からチェックしていきましょう!

  • 生年月日:1993年1月15日
  • 出身地:京都市右京区
  • 血液型:B型
  • 身長:158cm
  • 所属事務所:エーチームグループ
  • 趣味:猫と遊ぶ、新派観劇
  • 特技:書道、アルトサックス

 

吉岡里帆さんといえば、グラマラスなスタイルでグラビアアイドルのイメージが強いかもしれません。

実際に、2014年7月に初めてグラビアの仕事を経験し、そのセクシーボディを披露しています。

 

しかし、彼女は小さいころから映像会社を経営するカメラマンの父や母の影響を受けて、映画や演劇など芸術文化に触れてきました。

高校三年生の時に観た舞台「銀ちゃんが逝く」に感動し、独学で芝居の勉強を始めたと言います。

一旦は書道家を目指して進学したものの、芝居への情熱は消えることがなく、その後は京都で演劇をしながら東京の養成所でレッスンをする生活を送りました。

 

2013年より女優として活動することになった吉岡里帆さん。

「女優・吉岡里帆」の名が一気に知れたのは、朝ドラ「あさが来た」での好演だったのではないでしょうか。

グラビアの仕事はその前だったので、吉岡里帆さんの知名度UPの布石になっていたのは間違いないでしょう。

 

グラビアのオファーが来たとき、想定外のことに号泣したという吉岡里帆さん。

女優をやりたくて芸能界に入ったのになぜ…という気持ちは、同じ女性として共感できるところはあります。

結果的に吉岡里帆さんの注目度をあげる手助けとなったのですが、彼女にとっては苦渋の決断だったことは言うまでもありません。

 

そんな人一倍芝居に真剣な思いを抱いている吉岡里帆さん、「ゴリ押し」の印象を抱いている人もいるでしょう。

そのくらい吉岡里帆さんはあちこち引っ張りだこになっています。

 

吉岡里帆ゴリ押し?

吉岡里帆さんの出演している作品をみれば、どれだけブレイクしているのかがよく分かります。

  • 2016年2月~ 朝ドラ「あさが来た」
  • 2016年3月 映画「つむぐもの」
  • 2016年4月~ 連ドラ「ゆとりですがなにか」
  • 2016年5月~ CM「リクルートゼクシィ」
  • 2016年6月 SPドラマ「モンタージュ 三億円事件奇譚」
  • 2016年7月~ 連ドラ「死幣-DEATH CASH-」
  • 2016年10月~ CM「JXエネルギー」
  • 2016年10月~ 企業ブランドCM「DIC」
  • 2016年10月~ 連ドラ「メディカルチームレディダ・ヴィンチの診断」
  • 2016年11月~ CM「第一三共ヘルスケア トラフル」
  • 2016年11月 映画「ハッピーウエディング」
  • 2016年12月~ CM「実況パワフルプロ野球」
  • 2016年12月~ CM「UR都市機構」
  • 2017年1月~ 連ドラ「カルテット」
  • 2017年3月~ CM「ZOZOTOWN」
  • 2017年3月~ CM「綾鷹」
  • 2017年4月 映画「名探偵コナン から紅の恋歌」
  • 2017年5月~ CM「どん兵衛」
  • 2017年7月~ 連ドラ「ごめん、愛してる」
  • 2017年8月 映画「STAR SAND-星砂物語-」

 

どうでしょうか?

抜けているものもあると思いますが、2016年からのドラマ・映画・CMだけでもこれだけあります。

しかも途切れることなく出演しているというすごさ。

 

よく観るなーと思っていたら、また?出過ぎじゃない?と感じるほどの露出頻度。

ゴリ押しと感じる人がいてもおかしくありませんよね。

しかし、これも吉岡里帆さんがコツコツやってきた成果と言えるでしょう。

スポンサーリンク

嫌いの理由は?

吉岡里帆さんを「嫌い」という人も実は少なくないようです。

なぜ嫌いなのか、理由を調べてみました。

 

ゴリ押ししすぎ

さきほど紹介したとおり、かなりたくさんの作品に連続して出演しているため、ゴリ押し感が拭えません。

 

彼氏が途切れない発言

番組で「15歳の時に彼氏ができた」といった発言があったようですが、途切れたことがないというのは、誰かが盛った話のようです。

本当なら鼻持ちならない!と思われそうですが、これは誤情報です。

 

役柄がうざい、イライラ、嫌い

吉岡里帆さんが演じた役柄の性格が嫌いな理由としてあげられています。

「ゆとりですがなにか」の佐倉悦子役や「カルテット」のありすちゃんですね。

これは本人的にはどうしようもないので、役者みょうりに尽きるとしておきましょう。

 

顔がかわいくない、嫌い

ルックスに関しては、個人の好みの問題なので仕方がありませんね。

 

このように、ちょっと勘違いというか、吉岡里帆さん本人ではどうしようもないような理由が多かったように思います。

単にうざい、嫌い!って人もいるでしょうね。

 

最後に…

ポッと出のように思われがちですが、吉岡里帆さんは昔からコツコツ努力してようやく今のように女優として活動できているのですね。

ゴリ押しレベルで出演を続けていますが、彼女の演技をもっとじっくり楽しみたいと思います。

また、嫌われているのも人気者の証明なので、どんどん嫌われてたくさんの人に知られて欲しいなと思いますね。

今後も吉岡里帆さんのゴリ押しレベルの出演を楽しみにしましょう!

スポンサーリンク